リーヴル・パリ(ブックフェア)

大統領も来場する フランス最大級のメガ・ブックフェア

リーヴル・パリ(Livre Paris)は、毎年3月下旬にフランスで開催される世界屈指のブックフェア。かつては「サロン・デュ・リーヴル」の名で親しまれ、2016年に現在の名称にリニューアルされたものです。
1981年以降、パリ南西端に位置するポルト・ドゥ・ヴェルサイユ展示会場において18~20万人の来場者数を記録しています。

リーヴル・パリ(Livre Paris)は、毎年3月下旬にフランスで開催される世界屈指のブックフェア。
かつては「サロン・デュ・リーヴル」の名で親しまれ、2016年に現在の名称にリニューアルされたものです。
1981年以降、パリ南西端に位置するポルト・ドゥ・ヴェルサイユ展示会場において18~20万人の来場者数を記録しています。
世界50ヶ国から実に3万人の出版関係者が集い、4万平米もの規模で展開されるこのフランス最大のブックフェアは、フランス政府も公式ブースを構え、毎年大統領が来場することでも知られています。出版・メディアを軸にあらゆる業界・ビジネスを巻き込む、非常に影響力の強い書籍見本市です。
日本人では、これまでにノーベル賞作家の大江健三郎、島田雅彦、江國香織といった小説家に加え、詩人の吉増剛造、俳人の黛まどか、漫画家の萩尾望都なども参加しています。

Livre Paris

会期:毎年3月下旬
会場:Porte de Versailles(ポルト・ドゥ・ヴェルサイユ展示会場)
>> Livre Paris公式HP

RELATED