ジャパンエキスポ「WABI SABI」   フランス・パリを基点に日本文化を世界へ

【ジャパンエキスポ・パリ2017】地方自治体様向け説明会を実施

2016.12.6

imgp3506_r

2017年度ジャパンエキスポ・パリの地方自治体様向け説明会を実施

2016年9月26日(月)、東京・青山のアイビーホールにて「第18回Japan Expo(2017年度)パビリオン 「WABI-SABI」地方自治体様向け出展説明会」を開催しました。

来る2017年7月6日(木)~9日(日)にフランス・パリで開催される「第18回Japan Expo」は、世界最大の規模を誇る日本文化とエンターテインメントの総合博覧会です。一般社団法人ジャパンプロモーションは、Japan Expoオフィシャルパートナーとして日本からの出展窓口業務やフェスティバル内のコンテンツをプロデュースし、上質な日本の伝統文化と地域文化を発信するためのパビリオン「WABI-SABI」の企画・運営を行っています。

出展ご経験者が伝える、リアルな現地の様子

この度行われた地方自治体様向けの説明会には、九州から東北まで、様々な地域の自治体ご担当者様にご参加いただきました。
まずはじめに一般社団法人ジャパンプロモーションによる来年度出展に向けた具体的な概要説明が行われ、その後、2016年の「WABI-SABI」にご出展いただいた自治体のご担当者様4組にご登壇いただき、現地の様子や反響についてお話しいただきました。

ゲストスピーカーとしてお招きしたのは熊本県、富山県小矢部市、富山県滑川市、高知県須崎市の各自治体ご担当者様。世界が注目するこのイベントで、何を目指しどのように取り組んでいくべきか、文化の発信を続ける理由など、白熱したトークが繰り広げられました。

imgp3438_r

熊本県 商工観光労働部 観光経済交流局 くまもとブランド推進課 ブランド推進班 橋元 宜雅 様

imgp3544

須崎市元気創造課 元気創造係 主事 守時 健 様

パリでも年々人気の高まるご当地キャラについては「ご当地キャラを通じて、日本文化、地域の魅力を世界に知ってもらうことが、地元をより豊かにすることに繋がる」と、未来を見据えた力強いコメントも。
またJapan Expo出展を通じて、自治体様同士の新たな繋がりや交流が生まれたことも大きな成果となったようです。

imgp3476

小矢部市企画政策部 観光振興課 義仲・巴プロジェクト推進班 課長補佐 船見 幸広 様

imgp3528_r

滑川市総務部 企画政策課 主事 根上 雄輔 様

海外出展を通して深まる日本国内の縁

トーク終了後には、ご当地キャラの取り組みについての積極的な情報交換が行われるなど、イベントは終始和やかなムードで幕を閉じました。既に来年度の出展を決定された自治体様も多く、ますます国内外から期待の高まるWABI-SABIにぜひご注目ください。

imgp3594_r

イベント終了後の和やかな談笑の様子。

・第18回Japan Expo(2017年度)パビリオン 「WABI-SABI」
地方自治体様向け出展説明会

1.日時
2016年9月26日(月)14:00 ~ 16:00
2.場所
アイビーホール 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4丁目4-25
3.内容
Japan Expo及びパビリオンWABI-SABIの今年の概況報告、WABI-SABI各種データや傾向、来年度出展要項、出展成果向上に向けた対策、個別相談会
4. ゲストスピーカー
・熊本県 商工観光労働部 観光経済交流局 くまもとブランド推進課 ブランド推進班 橋元 宜雅 様
・須崎市元気創造課 元気創造係 主事 守時 健 様
・小矢部市企画政策部 観光振興課 義仲・巴プロジェクト推進班 課長補佐 船見 幸広 様
・滑川市総務部 企画政策課 主事 根上 雄輔 様・Japan Expo 2017
会期:2017年7月6日(木)~7月9日(日)4日間
会場:パリ、ノール・ヴィルパント展示会場