もしもしBOXワークショップ   外国人観光客の人気スポット・原宿で和文化を体験

心を磨く「わび・さび」体験!憧れの日本文化を学ぼう 茶道ワークショップ

2016.11.21

img_3474

外国人観光客の人気スポットで開催

初めて日本に訪れた方にも、気軽に伝統文化を体験していただけるワークショップを開催しています。アソビシステム株式会社の展開する MOSHI MOSHI NIPPON プロジェクトとのコラボ企画です。
会場は、東京・原宿の観光案内所「もしもしボックス」。おすすめの観光地紹介はもちろん、お寿司の上手な食べ方から原宿最新のエンタメまで、日本滞在にまつわるお役立ち情報を提供しています。外国人観光客にとっては、ジャパンカルチャー全体のインフォメーションセンターともいえるスポットです。

ワークショップ内容

11月19日(土)は「裏千家 茶道ワークショップ」を行いました。講師にお招きしたのは茶道の国際化に向けて各地で活動を続ける裏千家インターナショナル・アソシエーション(UIA)の皆さん。古くから大切に受け継がれてきた心安らぐ伝統文化の体験ワークショップは、若者が多く行き交う原宿の街の中で特別な空間を演出し、注目を集めました。

img_3517

img_3414

img_3521

興味はあるけど難しそう、敷居が高そうと思われがちな茶道を気軽に体験できるとあって、もしもしボックスには中高生から親子連れまで幅広い世代の人々が訪れました。
多くの参加者が初めのうちは少し緊張した表情を浮かべながら、茶道ならではの作法に見よう見まねで挑戦。UIAの皆さんの丁寧なご指導の下、慣れない手つきで試行錯誤する様子も見られましたが、所作の凛とした美しさに感激の声も多く、体験が終了する頃には誰もがスッキリと晴れやかな笑顔を見せました。

この日はアソビシステムの所属モデル・菅沼ゆりさんも会場を訪れ、ワークショップを体験。
「心身共に綺麗になれそう。集中力が高まっていいですね」と日本ならではの美意識を肌で感じ、満足した様子で顔をほころばせました。

img_3499

初体験の茶道を緊張しつつも楽しんでいた菅原ゆりさん

img_3487

自ら点てた抹茶で一服し、笑顔。

また日本の茶の湯文化に興味を示す外国人観光客の姿も見られ、家族で参加したドイツ人一家は「苦味が良いですね。市販のお茶は苦手ですがこれは美味しい!」と味わい深い抹茶に舌鼓を打ちました。

日本ならではの「わび・さび」体験は、訪れた人々を穏やかな時間軸へと誘い、優しいひとときをもたらしました。

img_3461

img_3419

img_3507

img_3438

講師プロフィール

裏千家インターナショナル・アソシエーションの最近の活動や映像は、こちらのページからご覧いただけます。
>>裏千家インターナショナル・アソシエーション公式HP

日本の心に触れよう!憧れの「わび・さび」体験
裏千家 茶道ワークショップ

◎日程:11月19日(土) 13:00~17:00
◎内容:茶道体験レッスン
◎会場:もしもしボックス
>>交通アクセス

次回ワークショップ

COMING SOON…

関連リンク

>>MOSHI MOSHI NIPPON プロジェクト

お問合せメールフォーム >>