エキスポ・見本市   伝統文化パビリオンのコンテンツを総合プロデュース

伝統工芸品の海外委託販売サービスを開始しました

2017.5.22

中国・深圳市。

海外販路の開拓を 出展料無料にてサポート

日本の歴史・風土と職人の皆様の絶え間ない研鑽によって受け継がれてきた、世界に誇る伝統的工芸技術。海外での販路拡大を目指す方のための支援サービスをスタートしました。
登録料・出展料は無料です。ご登録の際にご提供いただく商品情報をもとにマッチングを行い、各国のイベント・バイヤー・ショップ・コレクターへの販売やPR活動を行います。
とくに需要が見込まれる場合は、「買取制」でのご採用枠も設けています。
ご登録方法や資料ご希望の方は、お気軽に問合せください。

委託販売のご登録に関する相談・資料請求 随時受付中
下記、または「お問合せメールフォーム」よりご連絡ください。追って担当者よりご返信いたします。

◎宛 先 : 一般社団法人 ジャパンプロモーション
◎住 所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-29-4 原宿KOMIYAビル 6階
◎電 話 : 03-5766-2450/ファクシミリ:03-5766-2451
◎メール : info@japanpromotion.org

世界の富裕層が認める 日本の伝統工芸の美しい技術

中国(深圳)国際文化博覧会会場「深圳コンベンション・アンド・エキシビション・センター」

本年2017年度は、CHINA NATIONAL PUBLICATIONS IMP.& EXP. CORP. SHENZHEN BRANCH (CNP社深圳支部)が13億もの巨額を投じて立ち上げたECサイトブランド「舍下木棉」に参画し、深圳(シンセン)・上海・北京を拠点に日本の伝統的工芸品の需要が高い中国の富裕層に向けたプロモーションを展開中です。

5月11日(木)~15日(月)に開催された「中国(深圳)国際文化博覧会」では、15組の工房・企業各社にご出展いただきました。
漆器、ガラス製品、南部鉄器、磁器、陶器、象嵌、和紙照明など、どれも独創的で高品質な商品の数々が来場者を惹きつけ、高額商品も即売となったほか、同ブランドでの集中展開および買取り、また次の上海・北京への新たな活路を得ました。

「舍下木棉」ブース

5月11日(木)・12日(金)はバイヤー限定日。ブース内が活気にあふれた。

日本の漆器の質への評価は非常に高い。

ティーカップ型のモダンな漆器も。

近年、世界で人気高騰中の南部鉄器。

木材本来の温もり豊かな組み木細工。

信楽焼の風合いは日本のやきものならでは。

繊細な装飾加工が注目を集めたガラスのテーブルウェア。

特別な高級感あふれる江戸硝子。

和紙照明。柔らかな光でくつろぎのひとときを演出。

幻想的な有田焼の万華鏡。

なんとこちらも有田焼の一種。パールの質感が独特。

来場者数50万人、中国最大級の文化博覧会

DSC08112_R

ダイナミックなデザインのブースが立ち並び、大勢の往来と行列でひしめき合う。

この中国(深圳)国際文化博覧会は、31の全都市および香港、マカオ、台湾地域が出展する国をあげての文化イベントです。
その規模は中国最大級。本年度2017年の来場者数は、会期5日間で50万人、海外バイヤー2万人、実施面積は10万5千平米にも上りました。

入場を待つ人々で溢れかえる。

DSC08094_R

新商品のPRではモデルたちが華を添える。

1 2