サロン・アート・ショッピング(パリ)

ルーヴル美術館直結の地下サロンが会場

フランス・パリの代表的なアートフェア サロン・アート・ショッピング(Salon Art Shopping)は、春(5月)と秋(10月)の年2回開催。会場の「カルーゼル・ドゥ・ルーヴル」は、ルーヴル美術館から地下通路で直結する大型商業施設で、美術関係者やアートファンが世界各国から来場します。

フランス・パリの代表的なアートフェア「サロン・アート・ショッピング(Salon Art Shopping)」は、春(5月)と秋(10月)の年2回開催。会場の「カルーゼル・ドゥ・ルーヴル」は、ルーヴル美術館から地下通路で直結する大型商業施設で、美術関係者やアートファンが世界各国から来場します。
ファッション業界の最先端「パリ・コレ」が開催されているのも、ここカルーゼル・ドゥ・ルーヴルのサロンスペースです。映画『ダ・ヴィンチ・コード』で一躍有名になった、あのガラス製の逆ピラミッドがシンボル。つねに買い物や記念撮影を楽しむ大勢の姿であふれています。
一般来場者やビジネス目的に広く開かれていることはもちろん、ルーヴル美術館の学芸員、学術機関教授、ギャラリスト、マスコミ・出版社などのVIPも続々と来場します。
世界中のギャラリーやアーティストが出展する国際色豊かな雰囲気のなか、日本の独自性の高い作風のアーティストが注目を集めています。日本の美意識が色濃く反映された絵画・書、伝統工芸技術を用いた実用品やインテリア、また和紙などの特殊プリント技法や日本ならではの視点による写真作品の評価が、近年非常に高まっています。

Salon Art Shopping

会期:年2回(5月下旬と10月下旬・各3日間)
会場:Carrousel du Louvre(カルーゼル・ドゥ・ルーヴル)
>> Salon Art Shopping 公式HP

RELATED